2008年04月10日

THE VIRGIN SUICIDES

The Virgin Suicides: Music From the Motion Picture
The Virgin Suicides: Music From the Motion Picture
Original Soundtrack

関連商品
The Virgin Suicides: Original Motion Picture Score
Marie Antoinette
ヴァージン・スーサイズ
ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹 (ハヤカワepi文庫)
ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック
by G-Tools

この商品の他のバージョン1(試聴あり)
この商品の他のバージョン2(国内版)
この商品の他のバージョン3(12 inch Analog,from US)

映画『ヴァージン・スーサイズ』のサントラです。エールが書き下ろしたバージョンのサントラとは異なり、こちらは、映画の中で登場人物たちが聴いていたり、効果的にシーンに流れていたりする、リアルな70年代の楽曲を中心に構成されているサントラです。映画の中ではほんの短くしか流れていなかった楽曲も、通してじっくり聴いてみると、こうした音楽に囲まれて育ったリスボン姉妹や少年たちの生きた世界が新たな角度から見えてきて、より映画の雰囲気を堪能することができると思います。切なく美しい楽曲の数々は、忘れかけていたものを呼び覚ますかのようで、感傷的な気持ちや郷愁を運んできてくれます。
このCDの詳細・仕様はこちら(試聴あり)>>


この作品について「@TOWER.JP」で見るには、下の画像をクリック↓





posted by おしゃれCD☆ガイド at 12:28 | TrackBack(0) | サウンドトラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

The Virgin Suicides (Air)

The Virgin Suicides: Original Motion Picture Score
The Virgin Suicides: Original Motion Picture Score
Air

関連商品
Premiers Symptomes
Moon Safari
10,000 Hz Legend
The Virgin Suicides: Music From the Motion Picture
ヴァージン・スーサイズ オリジナル・サウンドトラック
by G-Tools

この商品の他のバージョン1(国内版)
この商品の他のバージョン2(国内版)
この商品の他のバージョン3(12 inch Analog,from US)


映画『ヴァージン・スーサイズ』のためにエールが書き下ろした楽曲で構成されているサントラです。映画に漂う夢想感や、どこか不安定ながらも安らぎや穏やかさのある独特の雰囲気は、これらの楽曲が成すところが大きいと感じさせます。アングラだったり、素朴でさわやかだったり、緩急自在に映画の時代背景である、70'sの世界観が表されているかのようです。映画自体もエールというアーティストも、70's産ではありませんが、フィルターを通して見える70'sが何か良きものとなって迫ってきます。激しい曲調や実験的楽曲は、本当に迫力があり、怖いくらいです。映画もまた観てみたくなるような、映画とのイメージの連動性がすばらしい優れもののサントラだと思います。
このCDの詳細・仕様はこちら(試聴あり)>>

Airの他の作品を見る>>


この作品について「@TOWER.JP」で見るには、下の画像をクリック(試聴あり)↓





「HMV」でこの作品について見てみる(試聴あり)>>
icon
posted by おしゃれCD☆ガイド at 17:17 | TrackBack(0) | サウンドトラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

小さな恋のメロディ(Melody)

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
リチャード・ヒューソン・オーケストラ コロナ・スクール バリー・ヒューソン

関連商品
小さな恋のメロディ
グレイテスト・ヒッツ
小さな恋のメロディー (英和対訳映画文庫 1)
愛はきらめきの中に~ナンバー・ワン・ヒット・ソングス
オデッサ
by G-Tools

この商品の他のバージョン1

大ヒットしたイギリス映画『小さな恋のメロディ』のサントラです。映画を盛り立てた、ビージーズのその名曲の数々は、時を経た今でもCMなどでたびたび耳にするものばかりで、改めてこの映画やサントラの世の中への浸透性に驚かされます。歌詞内容はちょっぴり皮肉だったり、人生訓のようなものを描いていたりします。そのため、哲学的要素をも感じさせ、美しくも悲哀のある曲調と相まって、子供が主人公の映画とそのサントラでありながら、子供っぽさを感じさせない大人のための作品に仕上がっているように思います。インストゥールメンタルの清涼で切ない感じもまた秀逸です。ひとりの空間で静かに回想するときにもぴったりな上質な作品ではないでしょうか。
このCDの詳細・仕様はこちら>>


この作品について「@TOWER.JP」で見るには、下の画像をクリック↓





「HMV」でこの作品について見てみる(試聴あり)>>
icon
posted by おしゃれCD☆ガイド at 16:38 | TrackBack(0) | サウンドトラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メニュー左側「カテゴリ」「過去ログ」などから他の記事もぜひ
ご覧ください!


その他のダンス・エレクトロニカはこちらから!>>